風邪に効く飲み物レシピ♪はちみつ&しょうがスパイスティー

風邪に効く飲み物レシピ

 

紅茶が大好きなイギリス人は、風邪だって紅茶で予防してしまいます。

 

チャイは日本でも馴染みがありますが、今回ご紹介するスパイスティーは、

ミルクを入れないので、すっきりとした味わいです。

 

イギリスは古くからインドとの繋がりを持っている国なので、

スパイスを使った飲み物をいただくのも頷けますね。

 

私は風邪をひいた時に、よくこのスパイスティーを飲みますが、喉が少し楽になります。

スパイスとしょうがで、発汗作用もあるので、発熱の際にも良いそうです。

 

私の彼氏はロンドン生まれのイギリス人ですが、

おばあちゃんはインド人で、お母さんはカルカッタ生まれ。

 

そんな彼の家系に代々伝わる、風邪予防&軽い風邪なら吹き飛ばせる

スパイスティーのレシピをご紹介します。

 

イギリス人とインド人の知恵?スパイスティーで風邪予防

「はちみつ」「しょうが」そして「スパイス」。いかにも風邪に効きそう…

材料はこちら↓

風邪に効く飲み物はちみつしょうが

・紅茶(ティーバッグでOK)

・はちみつ

・しょうが(生のものが無かったので、パウダーを使用)

・レモン

・スパイス(クローブ、カルダモンを粉にします。最初からパウダーのものでも可)

・ローリエの葉

 

風邪に効く飲み物「スパイスティー」の作り方

風邪に効く飲み物スパイスティー

 

①お鍋にレモン・しょうが・ローリエ・スパイス・お湯を入れて、煮立たせます

 

②パウダー状のスパイスを①とティーバッグを加えて、さらに1~2分煮立たせます

 ティーバッグを煮立たせるのがインド流です♪

 

③茶こしを使って②を注いだら完成です

 

飲み物や食文化を通してイギリスについて知ってみては?

スパイスティー

完成したスパイスティー。

見た目は普通の紅茶と変わりませんね。。。

 

お味の方は、レモンティーが少しスパイシーになった感じで、

身体がポカポカ温まります。

 

風邪予防なんて言っていますが、さっぱり美味しくいただけるので、

寒い日の飲み物にもぴったりです。

 

楽しくイギリスの文化や歴史を学べるかも?

 

文化や歴史というと少し硬いイメージですが、

食べ物を通してなら、思わず興味を持ってしまいますよね。

 

日本の歴史の授業では、インドを侵略してしまったイギリスという、

悪いイメージで習うことが多く、もちろん良いことばかりではなかったと思います。

 

しかし、貿易を行ったり、近代的な文化を広めたりと、

悪いことばかりでもなかったようです。

 

日本も幕末にオランダやポルトガルから、色々なことを学んだはずなので、

それに近いのかもしれませんね。

 

インドやイギリスの古いつながりを考えながら、

ゆっくりお茶をいただくのも、なんだかロマンチックです。

 

 

P.S.

お洒落なパッケージの、しょうが紅茶のティーバッグを見つけました。

インド流に、お鍋でぐつぐつ煮だしてみては、いかがでしょうか?

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

パッケージも◎な「しょうが紅茶」を見てみる

 

 

 




このエントリーをはてなブックマークに追加

3週間でイギリス人の彼氏を作った女がお送りする
「無料メール講座」


メール講座

・海外で生活していくための知恵
・本当に使える英語
・英語学習のためのモチベーションの上げ方
・最短で英語を習得する方法

これらを全て無料でお届けします。
「無料メール講座」詳細はこちらへ


カテゴリー: ロンドン生活情報   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事のトラックバックURL :