イギリスYMSワーホリ抽選に落ちた?現地で費用を稼ぐ裏技

イギリス ワーホリ 倍率

イギリスのワーホリymsビザは、抽選で1000人しか取得できません。

 

ワーホリymsビザの最大のメリットは、渡航前に、生活費を十分準備できていなくても、

イギリスで仕事ができることですよね。

 

(※ビザを取得する際に、銀行の残高証明を提出するので、規定の貯金額が口座に入っている必要はあります。私が渡英した際は、£2000程度でした)

 

そんなワーホリビザですが倍率が高く、はずれてしまうことも多いかと思います。

 

私が抽選に当った時に、エージェントの人に聞いたら、

5人に1人くらいしか当っていないということだったので、倍率は5倍くらいだと推測されます。

 

ワーホリymsは倍率高すぎ…。落ちたらイギリスに住めないの?

 

抽選にはずれてしまった場合でも、次の2つの方法でイギリスに住むことができます。

 

① ビザなしで入国して、最大6ケ月間滞在する

② 語学学校に入学できる学生ビザを取得する

 

①は、旅行と同じ感覚になり、「観光ビザ」と呼ばれることもあります。

 

6ケ月滞在できるので、住んでいると言っても過言ではありませんよね。

 

この場合は、入国の際に帰りの航空券を持っているか聞かれることが多いので、

準備しておいた方が、安全に入国できます。

 

ちなみに私はいつも入国の際に小さいトラブルがあるので、

イギリスの入国審査が大嫌いです。

 

UKボーダーのヤツらは、ろくな人間ではないので(言い過ぎ?)、

ワーホリビザに当選しなかったとしても、あなたの落ち度は全くありません!

 

悲観しないで、この記事の続きを読んでみてくださいね。

 

話は逸れましたが、②の場合は、

語学学校に通う日数にプラス数か月のような感じで、ビザの日にちが決まります。

 

この場合は、語学学校の入学許可証と、やはり帰りの航空券を持って入国しましょう。

 

資金が足らない場合は次の抽選を待つしかないの?

 

ワーホリビザは、30歳までしか申請できないので、

抽選に応募できる回数は限られています。

 

したがって、30歳でワーホリの抽選にはずれて、十分な貯金もない場合、

渡英を諦めるなんて、パターンが多いかと思います。

 

英語が勉強したいなら、

カナダやオーストラリアなどの英語圏の別の国のワーホリビザを取る、

ヨーロッパに住みたいのであれば、

フランスやドイツなどのワーホリビザを取るなんていう、案もありますよね。

 

しかし、私自身が、イギリス以外の国に住むことに興味がなかったので、

「イギリスに住みたい」という気持ちを諦めてほしくありません。

 

イギリスで合法に仕事する裏ワザとは?

私はワーホリビザを持っていたのですが、

なかなかしたい仕事が現地では簡単に見つかりませんでした。

 

日本食屋さんとかなら、簡単に雇ってもらえるんですけどね……。

 

そんな時に使った裏ワザで、

ワーホリビザがなくてもOKなのが、下記の2つの方法でした。

 

(実はビザを持っていなくても違法で雇ってくれる場所もあるのですが、

見つかった際に、犯罪者のように連行されて、

強制送還されるらしいので、絶対におすすめしません)

 

イギリスにいながら日本のサイト経由で在宅ワークをする

 

私は文章を書くのが、ご飯を食べるのと同じくらい好きなので、

在宅ワークサイトに登録してライターをしていました。

 

今は書いていて楽しいクライアントさんに絞っていますが、

本気で仕事がなかった時は、報酬の高い仕事なら、

何でもという感じで、結構本気で稼ごうと頑張っていました。

 

おかげで、家電や格安SIMなど、

ロンドンに住んでいる日本人には必用のない知識が豊富です(笑)。

 

そのサイトでは、ライターだけではなく、

データ入力のお仕事や、グラフィックデザイン、WEBデザインなど、

色々な種類のお仕事があります。

 

あなたの得意な分野のお仕事が、きっと見つかると思います。

 

在宅ワークサイトも色々あって、何種類か使ってみましたが、

良いクライアントさんが多くて、

かつ、報酬が高めの案件が多いのが、クラウドワークスです。

 

語学学校に通いながら、空いた時間に利用するのにも、

とってもおすすめです。

 

渡英前に登録して、試しに使ってみても良いかもしれませんね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

在宅ワークサイト【クラウドワークス】の詳細を見る

 

 

イギリスで治験に参加してみる

 

治験は開発中の完成間近の薬の安全性を確かめる試験で、

通常は、数日間入院をして薬を投与されます。

 

薬は完成間近のものなので、危険性は低く、

数日間のんびり暮らすだけで、かなりの高額がもらえるため、

私の友人は何人か参加していました。

 

事前に健康診断が行われて、それに合格しないと、

治験を受けることができないのですが、

それだけけしっかりと検査してくれるので、逆に安心です。

 

ちなみに、私はいたって健康なのに、

平均よりちょっと痩せているので、健康診断で落とされました(汗)。

 

健康診断に出向くだけでも、日給がもらえたり、交通費がもらえたりするので、

合格しなくても、損することはありません。

 

健康診断は日本の会社で働いていたら、毎年受けられますが、

イギリスではなかなかないので、

無料でしてもらえるだけでも、ラッキーかなーと思いました。

 

最初は私もちょっと怪しいって思いましたが、

献血のような雰囲気で、ちゃんとした医療機関さんでした。

 

 

「イギリス 治験」と検索すると、有名どころがいくつか出てくるので、

ご興味のある方はお試しください。

 

ワーホリの抽選にはずれても渡英を諦めないで

 

ワーホリの抽選にはずれて、渡英を諦めてしまうのは、

とてももったいないと思います。

 

人生は一度きりです。

若いうちにやりたいことは、思いっきりやってしまいましょう。

(オーバーサーティ―のおばちゃんより)

 

この記事で紹介した方法で資金を稼ぎながら、

語学学校に行ったり、ロンドン観光をしたりと、

イギリスを満喫していただけたら嬉しいです。

 

この記事で紹介したお仕事の詳細を見る

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

在宅ワークサイト【クラウドワークス】の詳細を見る

 

 

 




このエントリーをはてなブックマークに追加

3週間でイギリス人の彼氏を作った女がお送りする
「無料メール講座」


メール講座

・海外で生活していくための知恵
・本当に使える英語
・英語学習のためのモチベーションの上げ方
・最短で英語を習得する方法

これらを全て無料でお届けします。
「無料メール講座」詳細はこちらへ


カテゴリー: 留学、ワーホリ情報   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事のトラックバックURL :