海外旅行や留学【便利な持ち物&必要なものリスト】女性向け

海外旅行や留学に、あると便利な持ち物や必用なものを

リストにまとめてみました。

 

(私の経験上、持ってきて良かったというものをまとめたので、

女性向けとさせていただきました)

 

もちろんワーホリのあなたも、参考にしていただけます。

 

プリントアウトして、あなたの持ち物チェックに、お役立てくださいね。

 

【リストの見かた】

重要度: ☆必須 □必要 △あると便利

持ち物: 持ち物のリスト

備考: 解説等。私の主観も入っています。

 


重要度 持ち物 備考
  ◆貴重品 ◆小さくまとめて、肌身離さず、機内に持っていきましょう
パスポート及びビザ 何があっても、絶対忘れないでください
航空券 プリントアウトしておいた方がスムーズです
学校の入学書類 入国の際に必要なことがあります
滞在先の住所のメモ 入国の際に必要なことがあります
残高証明 入国の際に必要なことがあります
クレジットカード いつも使っているものでOKです
国際銀行カード 日本円を現地通貨で下ろせます
マネーパスポート等 クレジットカードを持てない学生さんは必須です
外貨(5~20万円程度) 日本で両替しておいてください
日本円(3万円程度) 帰国した時に必要です
国際運転免許書 レンタカーで旅行等する際に。身分証の代わりにも
日本の運転免許書 国際免許と一緒に提示が求められることがあります
印鑑 あまり使いませんが、現地調達が難しいので
パソコン 壊れるといけないので、機内に持ち込みましょう
携帯電話 シムロック解除されていると、なお良いです
デジカメ 思い出作りに。私はスマホで事足りてますが…
電子辞書 勉強のために。壊れるといけないので機内に持ち込みましょう
  ◆機内で使うもの ◆機内持ち込みのバッグに入れるもの
ペン 入国カード記入のため
暇つぶし用にお好きなものを
マスク 機内は空気が乾燥しているので
酔い止めや、鎮痛剤等を少しだけ
スリッパ 機内でリラックスするため
機内でリラックスするため。私のお気に入りは無印良品♪
化粧品 ※液体は100㎜以内しか持ち込めないので注意
歯ブラシ&歯磨き粉 機内食の後に、歯磨きしたくなるので
コンタクト用品 必要な方のみ。※液体は100㎜以内しか持ち込めないので注意
タオル あると便利
ティッシュ あると便利
ハンカチ あると便利
  ◆日用品 ◆現地調達できるものが多いです
洗面具 歯ブラシ、歯磨き粉、カミソリ、髭剃り等、ドライヤーは現地で安く買えます
お風呂用品 シャンプーや洗顔等を少し
基礎化粧品 肌が弱い方は、お気に入りのものを出来るだけ大目に
メイクアップ用化粧品 肌が弱い方は、お気に入りのものを出来るだけ大目に
タオル 現地で買えるので数枚
ハンカチ お洒落なタオルハンカチは日本でしか買えません
ティッシュ 質の良いものは日本にしかないので、余裕があったら大目に
コンタクト用品 必要な方
爪切り 現地で買えますが、小さいものなので
耳かき・綿棒 耳かきは売ってませんが、綿棒は現地で買えます
バンドエイド 現地で買えますが、念のため
生理用品 現地で買えますが、日本の方が安くて質が良いです
洗剤 少しで良いです。後は現地で買いましょう
洗濯ネット あると便利です
裁縫道具 日本のようにコンパクトなものが売っていません
雨具 小さくて質の良いものが、なかなか売っていません。 → 軽いのに強風に強い折りたたみ傘
防虫剤 タンスに蛾の赤ちゃんが住んでいることがあります。
ポケットカイロ 現地で買えません。私は充電式のものを使っています。 → 太陽光で充電できる電子カイロ (携帯電話の充電も可)
電池 現地で買えますが、割高なので少し持っていきましょう。
携帯電話充電器 忘れるとちょっと面倒です(笑)。
変圧機 ほぼ使いませんが、必要な方は → 変圧器 (プラグも付いています)
変換プラグ パソコンや、携帯電話の充電器に
  ◆薬 ◆現地の薬局・病院で手に入りますが、少し持っていきましょう
鎮痛剤 生理痛や頭痛の際に
抗生物質 日本の薬局では買えないので、お医者さんに相談してください
胃腸薬 胃腸が弱い方は必要です
目薬 乾燥しているので、時々使います
傷用塗り薬 現地で買えますが、強いです
虫刺され用塗り薬 蚊はあまりいませんが、ダニがよくいるので。
  ◆学習で使うもの ◆すぐに使うものなので、持っていきましょう
筆記用具 学校に通う方は、持っていきましょう
英語勉強用の本 日本で使っていたものを。
ノート 現地で買えるので、数冊
クリアファイル 何かと使えますが、現地ではあまり売っていません
  ◆食品関係 日本食スーパーがあるので、最小限で良いと思います
インスタントの味噌汁 現地で買えますが、急に恋しくなった時のために
緑茶 現地で買えますが、急に恋しくなった時のために
お気に入りのお菓子 あると嬉しいですよね。現地で買えるものもあります。
しゃもじ 現地で買えますが、割高です
菜箸 現地で買えますが、割高です
現地で買えますが、割高です
  ◆衣類 ◆いつも着ているもので良いので、季節に合わせて1週間分くらい
たためるダウン(冬季) 私はユニクロさんのものを鞄に入れて歩いています。
ヒートテック等(冬季) これもユニクロさんのものを冬場は毎日着用しています。
コート(冬季) 寒い時期に渡航される方は、持って(着て)いきましょう
長袖カットソー イギリスは夏でも日本ほど暑くないので、よく使います。
Tシャツ パジャマにもなるので便利です
ノースリーブ パジャマや、下着代わりにもなるので便利です。
セーター お好みで
スカート お好みで
ジーンズ お好みで
ストッキング 現地で買えますが、質が悪いです。
タイツ 普通のは売っていますが、かわいいのはあまりありません。
靴下 現地でも安く買えるので、少しだけ
スーツ ワーホリの方は、就職活動に。
ワンピース パーティー等でも使えて便利です。
たためる薄い上着 夏でも寒い時があるので、持ち歩く用に。
カーディガンorパーカー ちょっと寒い日に便利です。部屋着にもなり便利です。
下着 現地で買えますが、1週間分くらい持っていると良いです。
パジャマ リラックスできるものを
通学等に、書類が入るくらいの大きさのものを
歩きやすいものを。石畳が多いので、ピンヒールは危険です。
帽子 夏は日差しが強いので。
サングラス 夏は日差しが強いので。
アクセサリー類 ないと寂しい、お気に入りを少しだけ
衣類圧縮パック これがないと、スーツケースに入らないので(笑)
  ◆話のネタ系 ◆あると良いかも
思い出の写真 話題作りに。スマホの入ってる写真でもOKですが…
日本のお土産(プレゼント) ホストファミリーや、滞在先の外国人へ
和風なメッセージカード イギリス人はカードが好きなので、結構使えます
浴衣or着物 余裕があったら。パーティー等で、着ていると喜ばれます
  ◆その他必要なもの ◆あなたのメモです
     
     
     
     
     

 

 

効率よく準備するには?

 

① リストをプリントアウト

プリントアウトして、目を通しましょう。

リストに載っているものでも、

あなたの目線で必要なものと、そうでないものを判断して、

必要ないものは、線を引く等して、消してください。

リストになくて、持っていきたいものは、忘れないように、書き込んでください。

 

②お部屋をお掃除

留学前にお部屋の掃除や整理をすると思うので、この際にやってしまいましょう。

リストにあるものは、買わなくても、あなたのお部屋から出てくるかもしれません。

見つけたものは、リストにチェックしておきましょう。

 

②リストを持ってお買いもの

プリントアウトしたリストを持って、お買いものに行きましょう。

 

最初に行く場所のおすすめは、100円ショップです。

最安値でかなりのものが揃います。

見つけたものはチェックしましょう。

 

次は薬局です。

薬等、100円ショップにないものが、ほぼ揃います。

ここでも、見つけたものはチェックしましょう。

 

④揃わないものは、楽天などでお買いもの

私は、実家が田舎なので、買い物に行くのが面倒で、楽天を利用しましたが、

都会にお住まいのあなたは、お近くのお店で買えそうですね(笑)。

 

上のリストにある中で、私が実際に楽天で買ったものは、下記のものです。

ちなみに、今でも重宝しています。

 

こちらから楽天のリンクに飛ぶので、よろしければ詳細をご覧ください。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

● 軽いのに強風に強い折りたたみ傘

● 変圧器 (プラグも付いています)

● 太陽光で充電できる電子カイロ (携帯電話の充電も可)

 

 

⑤もう一度チェックしながら、荷づくり

持ち物が多いので、パズルのように、丁寧にスーツケースに詰めましょう。

重いものは下の方、壊れやすいものは上の方に入れると良いです。

 

女性ならではの持ち物について(ドライヤー等)

 

ドライヤーは持っていった方が良いの?

結論から言うと、私は持っていきませんでした。

そして、現地の大きなスーパーで、簡単に買うことができました。

 

ロンドンの場合は、薬局や電機屋さんにも売っています。

 

安いものでも、日本のドライヤーより、若干風が強い気がします。

(電圧が強いからなのか、ただの気のせいなのか……)

 

「心配だから日本から持っていきたい」という場合は、注意が必要になります。

 

変圧器はドライヤーなどの、電力を多く使うものには、

対応していないことが多いからです。

 

そこで、ボルト数を切り替えるだけで、海外の使用できるドライヤーなら、

 

安心して使うことができるので、おすすめです。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

変圧器なしで海外で使えるドライヤー

 

シャンプーや洗顔、水と一緒に使うもの

シャンプーや洗顔等、お気に入りがあるかと思うのですが、

イギリスは硬水で、日本の軟水と異なるため、

残念ながら、日本用に作られた製品は、

泡立たなかったり、なかなか洗い流せなかったり、使用が難しいことが多いです。

 

洗濯用の洗剤も、同じような感じですね。

 

私は到着してすぐは、日本から持ち込んだものを使っていましたが、

結局、ロンドン市内の薬局やスーパーで、買いなおしました。

 

そのため、これらの持ち込みは、1週間分程度にしておいて、

なくなる前に、現地で買い出しに行きましょう。

 

ここは男子禁制!(笑)生理用品について

私はとっても肌が弱いので、

イギリスの生理用品の質感があまり好きではありません。

 

コットンのふわふわ系のものになかなか出会うことが出来ず、

ビニールっぽい質感のものが多いです。

 

どうやらイギリスの女性の間ではタンポンが主流のようで、

日本に比べたら、ナプキンの種類が若干少ないかもしれません。

 

そのため、今でも母にお願いして、日本から送ってもらっています。

 

他にも送ってもらうものがある場合は、

梱包の際のクッションの代わりにもなります(笑)。

 

最近は布ナプキンを手作りしようかと、思っています。

 

海外旅行や留学。荷物が多くなりがちな女性は準備を早めに

 

海外に来る前には、特に留学やワーホリだと、

お友達や大切な人に、できるだけたくさん会っておきたいもの。

 

そうしているうちに、荷造りや掃除などの準備が、

どうしても遅れてしまいがち。

 

この記事の持ち物リストを活用して、

少しでも準備を効率よく進めていただけたら、嬉しく思います。




このエントリーをはてなブックマークに追加

3週間でイギリス人の彼氏を作った女がお送りする
「無料メール講座」


メール講座

・海外で生活していくための知恵
・本当に使える英語
・英語学習のためのモチベーションの上げ方
・最短で英語を習得する方法

これらを全て無料でお届けします。
「無料メール講座」詳細はこちらへ


カテゴリー: 留学、ワーホリ情報   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事のトラックバックURL :